5月14日(金)-チームマネジメントには欠かせない!心理的安全性の作り方

WP_free_TEAM_210514.v1
2021年5月14日(金)15:00-16:30 オンライン開催
お申込はこちら

皆さんはこんなことありませんか?

「リモートワークになり、チームマネジメントの難易度が上がった」
「なかなかメンバーから本音が聞こえてこない」
「メンバーが何やっているかわからない」
「メンバー同士も、お互い何をやっているのか実はよくわかっていない」
「これまで高い成果を上げてきたチームだったが、最近めっきり元気がない」

チームは生き物

釈迦に説法ですが、チームは機械ではなく、「生き物」です。私たち一人ひとりの身体と同様、日々刻刻と変化しています。環境が変わったり、メンバーが入れ替わったり、ゴールが変わると、チームの生産性や士気も影響を受け、変化をしていきます。その「生き物」であるチームの土台となるもの、それは 心理的安全性 です。心理的安全性があって初めて、チームは協力し合い、成果に向かうことができます。

心理的安全性とは?

さて心理的安全性とは何でしょうか?仲良く和気あいあいとすることでしょうか?

ハーバード大学のエドモンドソン教授によると、心理的安全性とは、「このチームでは、対人関係におけるリスクをとっても大丈夫だという共通の信念(A shared belief held by members of a team that the team is safe for interpersonal risk taking)Amy C. Edmondson」だそうです。

定義にある“対人関係におけるリスク”とは、人類共通の恐れである「無知・無能だと思われること、邪魔だと思われること、否定的だと思われること」を指しています。人は意識的、無意識的に、このような根源的な恐れから自身の行動を制限することがあります。

「いまさらそんなこと聞くの?と思われそうなので、聞くのをやめた」
「本当は上司に対して指摘したいことがあったが、とりあえず言うのをやめた」
「本当は助けを求めたかったが、相手の邪魔になりそうなのでやめた」

といった経験を誰しもが持っているはずです。そしてその結果、本来チームで共有すべきことが共有できず、あとで大きな失敗につながったり、信頼関係を損ねる事態に発展したりすることが少なくありません。

プレッシャーの続く環境の中で、心理的安全性をいかに確保するか?

2020年から続くコロナ禍の中で、私たちは公私にかかわらず様々な影響を受けています。そして組織の中においては、高い成果を上げること、新たな挑戦をすることが引き続き求められています。したがって、お互いに助け合い、協力をしていくために、チームの土台となる心理的安全性のニーズが非常に高まっています。

心理的安全性が高い状態をいかに実現するのか。そのためには、人が持つ根源的な恐れを一人ひとりが乗り越えることが必要です。その鍵は、、、「率直さ」と「探求心」。その具体的な内容、方法論について、ご紹介いたします。

ファシリテーター

安田 太郎
ブランチャード公認トレーナー兼シニアコンサルタント
ファシリテーターの詳細はこちら

無料体験セミナーご参加の対象

[所属される組織において]

  • チームマネジメントについてご興味のある方
  • 人事/教育部門の方

*弊社プログラムの導入・未導入に関わらず無料体験セミナーにご参加頂けます

開催概要

<参加方法>

無料セミナーは、オンライン開催(Zoom使用)となります
※開催の1週間前までに、セミナー事務局<seminar@blanchardjapan.jp>よりZoomリンクをご案内いたします


<タイムスケジュール>

14:45‐15:00 受付開始(14:45より、アクセスリンクからログインしてください)
15:00-16:30 無料説明&体験会+Q&A


<定 員>

ー受付中ー
※定員に達し次第、締切らせて頂きます


参加費

無料

お申込み・お問合せ

お申込みはこちらのフォームから承ります。
– ご希望されるテーマの選択をお間違いないようご注意ください
本セミナーに関してのお問合せはEメール( seminar@blanchardjapan.jp )にて承ります。

<セミナーお申込み、ご参加に関する注意事項>
*同業他社様ならびに相当と弊社にて判断(個人ドメイン・フリーアドレスでの申込など)した場合、ご参加をご遠慮頂いております。申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。
*セミナー中は、参加の皆様のビデオカメラをONにして頂く場合もございますのでご承知おきください
*セミナー中の写真撮影や録音、スクリーンショット等はご遠慮願います