お問い合わせ
  1. HOME
  2. リソース
  3. ブログ一覧
  4. SLII®導入で施した8つの工夫(デンツプライシロナ様事例紹介)
  • SHARE
  • facebook
  • x
SLII®導入企業事例

SLII®導入で施した8つの工夫(デンツプライシロナ様事例紹介)

2017年5月19日に行われたSLII®トレーナーズ・ナイトにて、デンツプライシロナ株式会社におけるSLII®とSSL導入について、執行役員で人事本部長の石川為都子様よりお話いただきました。

(以下は石川さんのお話の概要です。)

デンツプライシロナは、世界最大手の歯科医療用製品及びテクノロジーの会社です。デンツプライ社とシロナ社が2016年2月に合併してできた会社で、世界で年間10億人超の歯科患者がデンツプライシロナの製品にて治療を受けています。日本法人は2017年1月に立ち上がり、約600名の社員が働いています。

SLII®導入の経緯
SLII®導入の最初のきっかけは、旧デンツプライ社の本社にてSLII®を導入する計画があったことですが、自分の前職の製薬会社では全ての管理職がSLII®を受講することになっていて、SLII®の有用性についてすでに認識していました。そこで、日本のデンツプライ社でも導入しようということが決まりました。
当初は「明日から使えるリーダーシップ」を身につけてもらうことで組織管理者を底上げすることと、次世代(Pre Manager)育成を目的としていたのですが、その決定の直後にシロナ社との統合プロセスが開始されました。そこで、対象者を管理者のみに限定し、目的を「組織管理者の底上げ」と「両社の管理者の部門横断ネットワーキング」という2つに再設定しました。そして、約120名の管理者を7つの受講グループに分け、自分一人でファシリテートするプロセスが2016年夏にスタートしました。

SLII®実施にあたっての工夫
SLII®を実施するにあたって、以下のような様々な工夫をこらしました。

① 新会社のバリューとSLII®の紐づけを行った

② チーム毎に目標を作ってもらった
・その目標がSMARTかどうかの確認も行った

③ ファシリテーターとしての自分の役割と目標を示した
・ファシリテーターの役割は「引出しを与えること」(「その引出しの中を埋めるのは皆さんです」と伝えた)
・目標は「皆さん全員を世界で1%のリーダーにすること」
(※SLII®を完璧に使いこなせるのは世界で1%)

④ 受講前にアンケートを実施し、「管理者として何に困っているか」の意見を収集した。その意見を6つのケーススタディに集約し、研修中にSLII®によってそのケースにどう対処できるかを示した
(受講者からはとても好評だった)

⑤ ファシリテーターである自分がまず余裕を持てるように、研修の半日前は他の予定を入れず、頭を切り替える時間を十分に確保した

⑥ その時々の受講者の反応に合わせ、研修内容の順番を入れ替えたり、ペアを変えたり、席を替えたりと柔軟に対応した

⑦ シニア対策を施した
・40代後半から50代の受講者、上位の管理者が多くいたので、事前に「若手参加者をプッシュしてあげてください」など協力を依頼しておいた
・動画教材は日本語字幕付きの英語であり、その字幕が早めで小さめであることを予告し、前の席に座ったほうが見えやすいことを伝えておいた

⑧ お弁当や飲み物などの胃袋対策をとった。小さいことだけど意外に重要なこと

受講者の反応
研修中や研修後には、「うちのキャサリン(※)は、・・・」という会話が飛び交うようになりました。(※キャサリンとは、SLII®動画教材の登場人物。)また、「今まで自分がやっていたマネジメントは何だったのだろう」と反省する声も。
アンケート結果も大変良好だったのですが、人事本部長がファシリテーターだったので、そのポジションパワーもあったと思い、結果は割り引いて考えるようにしています。
また、若手社員向けにSSL(セルフ・リーダーシップ)をトライアル実施したときには、「あ、その図は上司から見せてもらいました!」という受講者が少なからずいて、管理者の方たちがSLII®を職場で活用していることの証明となりました。
(ちなみに、SSLはSLII®より教えるのが難しいと感じました。)

今後に向けて
現在、SLII®受講者にフォローアップインタビューを行っており、そこでは「ケーススタディをもっと」「一般社員向けにも導入して」「新しい別のツールもあるのなら教えて」といった声が上がっています。そして、「忙しいから研修はもう勘弁して」という声が皆無だったことが何よりでした。
今後は、SSLの本格導入を検討しています。その背景として、最近の人事制度の潮流でもある「社員主導による成長の支援」というスタイルを当社でも取り入れ始めており、社員が自ら上司にどう働きかけるかがポイントになるからです。
また、このスタイルでは、フィードバックにおける対話の質と量の向上が求められます。本社から「効果的なフィードバックの与え方」の研修が提供されることとなっていますが、その内容が概念的なので、SLII®と組み合わせて実践的なトレーニングを提供したいと考えています。また、受講者からの要望に応え、「SLII®+DiSC」研修を導入することも検討しています。SSLについては新入社員向けに導入したいと考えています。

石川さん、貴重なお話をどうもありがとうございました。

お問合せ・ご相談はこちらのフォームからどうぞ。

各種公開講座実施中:
・SLII®エクスペリエンス公開講座
詳しくはこちら

・SSL(セルフ・リーダーシップ)公開講座
詳しくはこちら

最新の記事はこちら

日立Astemoの挑戦ーSLII®を活用して新たな組織文化をつくる

SLII®導入の背景 2021年に誕生した日立Astemo株式会社 様(以下、日立Astemo*)は、「世界をリードする先進的なモビリティソリューションの提供を

続きを読む→

『1分間エンパワーメント』出版!「エンパワーメント・スターターキット」の無料配布も開始しました

1分間マネジャーシリーズでも知られるケン・ブランチャード博士のエンパワーメントに関する著作が漫画になって、2024年5月30日に宝島社より発売。本書は、星野リゾ

続きを読む→

2024年の目標を達成するための3つのステップ

皆が新しい目標に向かって進みだす新年度。期末になって「できてない!」と慌てないためにはどうしたらよいのでしょうか? 今回は、目標が達成できない原因と対策について

続きを読む→

おすすめ:

おすすめ:

おすすめ:

おすすめ: