お問い合わせ
  1. HOME
  2. リソース
  3. ブログ一覧
  4. *受付終了*11月10日(水)-OKRの成功の鍵を握る「CFR」とは?
  • SHARE
  • facebook
  • x
無料セミナー

*受付終了*11月10日(水)-OKRの成功の鍵を握る「CFR」とは?


2021年11月10日(水)15:00-16:30 オンライン開催
(受付は終了いたしました)

こんなことありませんか?

「OKRを導入したが、これまでの目標管理制度との違いが理解されない」
「OKRの目標が高すぎて、モチベーションが下がっている」
「OKR導入後、コミュニケーションがギスギスしている」

OKRとは?

OKRとは、「Objective and Key Results」を略したものです。OKRは、インテルの経営者、アンディグローブ氏が1970年代にMBOから発展させた仕組みです。現在では、グーグル、フェイスブック、ディズニー、サムソン、バイトダンス、メルカリなど、「機敏さとチームワーク」を大切にしている組織で積極的に運用されています。また最近では、花王がOKRを導入し、話題を集めています。

元インテルのエンジニアであり、グーグルなどにOKRを伝えたジョン・ドーア氏によると、Objective(目標)、Key Results(主要な結果)は、それぞれ以下のような定義になっています。

OKR_FS2

OKR成功の鍵を握る「CFR」とは?

ジョン・ドーア氏は、著書「メジャー・ホワット・マターズ」の中で、OKRの意義を述べています。要約すると、以下のようになります。

  • 挑戦的な目標を設定し、全員の努力のベクトルを合わせること
  • 全員の目標を共有することで、個人の目標と会社の戦略を結び付け、他部門との補完関係を理解し、常に連携すること
  • 失敗を許容しながら、限界に挑戦し、一人ひとりが持つ創造力と野心を最大限に解き放つこと
  • 一人ひとりの責任感を高め、仕事へのエンゲージメントとイノベーションを促すこと

したがって、OKRの成功のカギは、Objective(目標)及びKey Result(主要な結果)の設定に加え、日常的なパフォーマンス管理、つまり日々のコミュニケーションの質をいかに向上させるか、にあります。ジョン・ドーア氏によると、CFR、すなわち継続的な対話(Conversation)、 リアルタイム・フィードバック(Feedback)、継続的承認(Recognition)の3点を挙げています。

CFR_FS


この「対話」「フィードバック」「承認」について、皆様の組織においてどのようにその重要性や方法論を伝え、現場での実践に繋げられていますか?

このような場面を想像してみてください・・・

日夜、目標達成に向けて自発的に仕事に取り組んでいるメンバーがいます。ある日、あなたは、そのメンバーが勝手な判断をして間違ったことをしていることに気づきました。
さて、このメンバーにいつ、どこで、どのように声をかけ、何を伝え、何を聞き、どのように話を締めくくりますか?

また、こんな場面ではどうでしょうか?

大きなプロジェクトが終わり、ホッと一息ついているメンバーたち。あなたは、このメンバーたちにどのように対応しますか?いつ、どこで、どのように声をかけ、何を伝え、何を聞き、どのように話を締めくくりますか?

ブランチャードでは、この重要な「対話」「フィードバック」「承認」を明確なステップ、具体的な表現にまで落とし込み、現場で即実践できるプログラムをご提供しています。

本セミナーでは、そのプログラムの一部を皆様にご紹介いたします。是非、ご参加ください。
※本セミナーではプログラム体験セッションとして、参加者同士の対話(Zoomのブレークアウト機能の活用)を予定しています

OKR_FS_BME

ファシリテーター

安田 太郎
ブランチャード公認トレーナー兼シニア・コンサルタント
ファシリテーターの詳細はこちら

無料体験セミナーご参加の対象

[所属される組織において]

  • OKRの効果的な運用(CFR)についてご興味のある方
  • 人財開発/育成担当者の方

*弊社プログラムの導入・未導入に関わらず無料体験セミナーにご参加頂けます

開催概要

<参加方法>

無料セミナーは、オンライン開催(Zoom使用)となります
※開催の1週間前までに、セミナー事務局<seminar@blanchardjapan.jp>よりZoomリンクをご案内いたします


<タイムスケジュール>

14:45‐15:00 受付開始(14:45より、アクセスリンクからログインしてください)
15:00-16:30   説明&対話会+Q&A


<定 員>

50名
※定員に達し次第、締切らせて頂きます


参加費

無料

お申込み・お問合せ

=受付を終了いたしました=
お申込みはこちらのフォームから承ります。
- ご希望されるテーマの選択をお間違いないようご注意ください
本セミナーに関してのお問合せはEメール( seminar@blanchardjapan.jp )にて承ります。

<セミナーお申込み、ご参加に関する注意事項>
*同業他社様ならびに相当と弊社にて判断(個人ドメイン・フリーアドレスでの申込など)した場合、ご参加をご遠慮頂いております。申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します
*セミナー中は、参加の皆様のビデオカメラをONにして頂く場合もございますのでご承知おきください。
*セミナー中は、Zoomブレークアウトを実施します、ご承知おきください
*セミナー中の写真撮影や録音、スクリーンショット等はご遠慮願います

最新の記事はこちら

日本企業が直面している危機とは?ブランチャード社「2024年人事・人材開発トレンド調査」からの考察

ブランチャード社は、長年にわたり人事・人材開発のフィールドで革新的なトレンドとその動向に関する包括的な調査を実施してきました。最新版である「2024 HR/L&

続きを読む→

弥生株式会社様 ウェビナーレポート「人的資本経営とSLII®効果測定」事例のご紹介

■人的資本経営と効果測定 「人材こそが企業価値向上の源泉である」という認識が広がり、投資家も人的資本経営に関する情報開示を求めるようになりました。 人材育成につ

続きを読む→

変化に対応できるマインドセットとスキルセットを身に付ける

ChatGPTなど新技術の台頭、紛争や戦争の勃発、激しさを増す自然災害など、変化の目まぐるしさと熾烈さは年々と増しているように感じられます。ビジネスリーダーは、

続きを読む→

おすすめ:

おすすめ:

おすすめ:

おすすめ: