お問い合わせ
  1. HOME
  2. リソース
  3. ブログ一覧
  4. 社長の姿勢が社員の離職を招いた
  • SHARE
  • facebook
  • x
時事情報

社長の姿勢が社員の離職を招いた

人手不足に手を打つため、辞めていく社員に話を聞くことから始めた。返ってきたのは、「仕事が面白くない」という答えばかり。その原因が星野氏(社長)のマネジメント姿勢にあることも分かってきた。

これは、1か月前の2018年10月29日に発行された日経ビジネスの特集記事「星野リゾート 世界への成功方程式 ~すべては人手不足から始まった」の中の一文です。


ちなみに、ときは、今から20年以上前のバブル経済。好景気により、温泉旅館の採用に手を焼き、同時に定着率が低いことに星野氏が悩んでいたころの話です。少子高齢化による人手不足の今日においては、優秀な人材を確保し保持することは、業種を問わない重要課題となりました。

1991年にトップの座に就いた星野佳路氏は、古い体質だった会社を改革しようと意気込み、トップダウンの指示を繰り返していたといいます。その結果、社員にはやらされ感が募り、何も発言できない風土に嫌気がさし、会社を離れていったそうです。そこで、星野氏は自身の経営姿勢を見直し、ケン・ブランチャード博士のエンパワーメント手法を取り入れ、社員が「自分で考えるから楽しい」と思える社風と仕組みを作り上げていったのです。
その具体的な方法論や実態については、こちらの記事をご参照ください。

この記事の中では、ブランチャード・ジャパンを統括するPFCの黒田由貴子による次のコメントも紹介されています。

米国留学前の星野氏は慶應義塾大学で体育会アイスホッケー部に所属していた。当時を知る、ピープルフォーカス・コンサルティングの黒田由貴子氏は「当初のトップダウンが一昔前の体育会的リーダーシップだとすれば、その後のエンパワーメントは社員に奉仕するリーダーのあり方で対極と言える」と話す。

ところで、星野氏がバイブルと称する『社員の力で最高のチームをつくる1分間エンパワーメント』(ケン・ブランチャード他著)の新版が出てから、当社に様々な企業からのご相談が増えている一方、「うちはトップが変わる気がないからダメだ」という担当者の嘆きの声もよく聞かれるようになりました。確かに、この書籍の内容を実践するには、トップの覚悟が不可欠です。

ただし、星野氏に学ぶべきことは、エンパワーメント経営を実践したことだけではありません。社員の声に真摯に耳を傾け、その原因を探るのに自身の行動を顧みたことにも注目すべきです。自省するより他責するほうがラクですから、多くの場合、社員が辞める理由は、トップは中間管理職にあると考え、中間管理職はトップにあると考えがちです。

特に大企業の場合、「直属の上司への不満」を理由に会社を辞める人が多いと言われています。したがって、中間管理職が自身のマネジメント姿勢を振り返り改善することで、定着率を高めることは可能なのです。そのために、ケン・ブランチャードには『1分間リーダーシップ』と『1分間マネジャー』があり、SLII®研修があります。

今後、深刻さが増すことが間違いない人手不足問題。トップは『1分間エンパワーメント』を、中間管理職はSLII®を学び、社員が定着し活躍する組織を作っていきませんか。

SLII®研修公開講座の詳細はこちら

最新の記事はこちら

2024年の目標を達成するための3つのステップ

皆が新しい目標に向かって進みだす新年度。期末になって「できてない!」と慌てないためにはどうしたらよいのでしょうか? 今回は、目標が達成できない原因と対策について

続きを読む→

チームの仕事がAIに奪われる?~マドレーヌに聞いてみよう

AIによってあなたの仕事がなくなる日は本当にくるのでしょうか?ブランチャード社のコーチングサービス部門共同創設者であり、経験豊富なコーチであるマドレーヌ・ホーマ

続きを読む→

Z世代を辞めさせない!「定年までこの会社にいたい」と思わせる3つのポイント

米国のブランチャード社で働くZ世代による記事の和訳をお届けします。半分以上がバーンアウト(燃え尽き症候群)を経験していると言われているこの世代ですが、著者は26

続きを読む→

おすすめ:

おすすめ:

おすすめ:

おすすめ: